撮る夫くん ユーザーズマニュアル

撮る夫くん - VRMNX用グローバルカメラ拡張機能

VRMNX用Python拡張の 撮る夫くん は,VRMNXビュワーのフライスルーカメラの機能をアップグレードします。 ImGUIの操作パネルで,FOVや被写界深度の設定を直感的に行うことができます。

撮る夫くんには以下のような機能があります。

  • FOVなどのGUI操作

  • FOV, F値と対象物までの距離から,一眼レフカメラの機構をシミュレートした被写界深度制御

  • 手ブレ風エフェクト

  • 車両追尾

  • 視点保存

サンプル

撮る夫くんを有効にするには,レイアウトのイベントハンドラの冒頭に activate() を記述します:

import vrmnx
import toruo

def vrmevent(obj,ev,param):
    toruo.activate(obj,ev,param)
    if ev == 'init':
        pass

ダウンロード

toruo.py

詳細なガイドは, クイックスタート をごらんください。

ライセンスポリシー

撮る夫くんはMIT Licenseの下で公開しています。

注釈

  • 撮る夫くんを利用したVRMNXレイアウトを配布する際,撮る夫くんを同梱することを推奨します。

  • その際はユーザーの便宜を図るため,本マニュアルへのリンクを記述することを推奨します。

検索と索引